index home back


喪中につき新年のご挨拶は失礼させていただきます

 
 先日、次兄が亡くなりました。80歳でした。風呂場での心筋梗塞だったようです。突然の事で家族は勿論、回りも驚き、アタフタしました。
 最近まで友人とゴルフに行き、皆でお酒を飲み、好きなように生きていました。義姉が亡くなって13年。男一人でよく頑張ったので、今頃はあちらで夫婦 仲良くしているでしょう。

 人間はいつか必ず死にます。だから今、この時を大切にしないといけないと自分に言い聞かせて・・・います。
 何時も「今が一番幸せ」と言えるように自分の力を出し切って前向きに生きていかないと先に逝った人に申し訳ないと思っています。

  「明日ありと思う心のあだ桜  夜半に嵐の吹かぬものかは」  親鸞聖人
☆喪中のお知らせは本来葉書で出すものですが、夫が「ペーパーレス」と常々言っていましたから今回もインターネット上でのお知らせにしました。