index back

有名人が高校生に贈る 『心に残る一冊の本』

凡   例


山口 修氏の『万葉集』と山田宗睦氏の『銀の匙』



テキスト:001 **山口 修(大13)聖心女子大教授 東洋史学
  「万葉集」(岩波古典文学大系)
 『生徒達に勧めたい本というのならいろいろ挙げられます。しかし心に残るといえばやはり古典となります。殊に私たちは戦争に狩出された経験あり、若い日の心情のなかに古代の人のよんだ歌の数々はどうしても忘れられないのです』

略歴など:昭和後期-平成時代の東洋史学者。
大正13年2月22日生まれ。熊本大助教授などをへて,昭和47年聖心女子大教授。のち仏教大教授。専攻は日中交渉史,東西交渉史。日本の通信史,郵政事業史の研究もすすめた。平成10年9月13日死去。74歳。神奈川県出身。東京帝大卒。著作に「蒙古襲来」「前島密」「情報の東西交渉史」など。

”やまぐち-おさむ【山口修】”, 日本人名大辞典, ジャパンナレッジ (オンラインデータベース), 入手先<http://www.japanknowledge.com>, (参照 2013-04-18)



テキスト:002 **山田宗睦(大14) 桃山学院麺大教授 評論
   中 勘助「銀の匙」(岩波文庫)
 『美しい心が美しい文章で書かれている。この美しさは現代日本から失なわれた。たんに美しいだけではなく、中さんの心ははげしい自立の精神を軸としている。直接には家父長的なもの、理不尽なものに向って、自分を立てている。そのきびしさが生んだ美しさである』

略歴など:昭和後期-平成時代の哲学者,評論家。
大正14年2月21日生まれ。北海道第二師範助教授,東大出版会編集者などをつとめ,昭和34年評論活動にはいる。37年「思想の科学」編集長。40年「危険な思想家」をあらわす。桃山学院大教授をへて,52年関東学院大教授。山口県出身。京都帝大卒。著作に「道の思想史」「花の文化史」など。

”やまだ-むねむつ【山田宗睦】”, 日本人名大辞典, ジャパンナレッジ (オンラインデータベース), 入手先<http://www.japanknowledge.com>, (参照 2013-04-18)